HOWA-GROUP TOP l 求人情報  l  PAL SPORTS CLUB 6・3 LAST UPDATE 2017-11-19 NS

パルスポーツクラブ6・3を運営する「豊和」という会社

1947年2月、現在の前身である豊和織布株式会社を設立、この西尾市で地場産業を復活させるために織物製造業を始めました。
当時繊維工場で働く人は女工と呼ばれる女性社員で、地方からでてきて住み込みで働いていました。社員同士同居して、一緒に働き、一緒にご飯を食べて寝起きする、生活を一緒にする家族のような関係でした。
このころ町でお祭りがあると、会社の中でもお祭りをしました。皆で料理をつくり、踊ったり歌ったり、なかなか親元に帰れない社員たちは、このお祭りを皆で行うことで、古里を思い出すことができたようです。
「和を豊かにする」豊和織布という会社は戦後のドサクサで人心混乱の中で「従業員の和」「人々の和」「地域の和」を求めて、家族のような、人としてのつながりを大切にする会社として誕生したと聞いております。
そして時代は流れ、
1979年に事業転換して西尾市に初のスイミングスクールを開設いたしました。
その後の1988年(昭和63年)に株式会社豊和と社名をあらためました。
1990年、西尾市桜町に誕生したカルチャーパーク6・3。
「町の人が自分の居場所をつくることができ、そしてスタッフが家族のように接する中で、今日も健やかな毎日を過ごしていただきたい」そんな願いを込めてオープンしたのがこのPALスポーツクラブ6・3です。6・3(ロク テン サン)とは変わった名前ですよね。この名前は当時の代表取締役社長(現会長)の岩崎豪詞の誕生日にちなんでつけられた名前です。
その意味とは・・・6つのステージで3つのコンセプトを実現しようというものでした。
当時のカルチャーパークのステージとは、・スポーツ・リラクゼーション・レストラン(飲食)・ブックショップ・レンタルショップ・ハウジングの6つ。そしてコンセプトは・利便性の提供・快適性の提供・情報の提供の3つでした。
残念ながら時代の移り変わりにより、この6つのステージが変化し、カルチャーパーク6・3のコンセプトが不明瞭になってしまいました。
しかし私たちはオープン当初の願いの通り、人とのかかわりを大切にし、WHO(世界保健機構)に掲げられている「健康の定義」でもある『「肉体的」「精神的」「社会的」な健康』を目指して運営を続けてきました。
そして現在当初からあるメインのステージでもあるスポーツクラブ6・3の中で、もう一度6つのステージ、3つのコンセプトを掲げ直すことにしました。
そのステージとは、アスレチックジム・スタジオ・プール・リラクゼーションスペース・ラウンジ・更衣室/浴室の6つ。コンセプトは「成果の提供」「快適の提供」「愉しさの提供」の3つです。
 「健康」は目的か?
よく会話の中では「健康のために・・・」という言葉を耳にしますが、健康って目的なんでしょうか?私自身、「健康は目的ではなく、単なる条件に過ぎない」と考えています。こんな話をしたら、友人に「それって・・・武者小路実篤の本に同じようなフレーズがあるよ」と言われたことがありました。私はその本を読んだことはないのですが、このスポーツクラブを利用されている会員の皆様の愉しんでいらっしゃる姿を見て、そう感じるようになりました。
決して人は「健康のため」に生きているわけではないと思います。生きている愉しさや豊かさは人それぞれ価値観が違うので、一言で言い表わせるものではないと思いますし、押し付けるものでもないと思っていますが、少なくともその愉しさを味わうために「健康」であることは、非常に大切な条件のひとつではないでしょうか?もちろん「健康」という概念も人それぞれだとは思いますが・・・。
そんな人それぞれの人生の愉しさを感じるための条件の一つでもある、「健康」のためのお手伝いをさせていただくのが、私たちの役割だと思っております。
私たちは・・・
 利用者の皆様に「成果」を感じていただけるように努めます。
 利用者の皆様に「快適」を感じていただけるように努めます。
 利用者の皆様に「愉しさ」を感じていただけるように努めます。
私たちスタッフは会員様とのコミュニケーションが大切な業務だと認識しております。そしてそんなコミュニケーションが大好きです。もちろん身体に関することやトレーニングに関することはもちろんですが、日常会話や世間話もします。それが利用者の皆様にとって必要な潤滑油だと考えるクラブだからです。行き過ぎた会話になることもあるかもしれません。どうかその時は、暖かくご指摘ください。
皆様のクラブライフが充実したものになり、会員の皆様にとって、そしてこの地域にとって、なくてはならない存在になれるよう今後も努力してまいります。

                             

「成果」を感じられるスポーツクラブ
スポーツクラブに通うからには、何かしら目的があるはずです。その目的に対して少しでも「成果」を感じていただけるように、カウンセリング・各種プログラム、そして継続的なサポートをさせていただきます。そして成果を一緒に楽しみましょう!!
「快適」に過ごせるスポーツクラブ
ここ6・3では運動する場所以外にも、ラウンジ(飲食スペース)やリラクゼーション(休憩スペース)を充実させています。それらを総合的にお使いいただくことで「快適なクラブライフ」がお過ごしいただけると考えております。運動するだけなら、スポーツクラブはいらない!このスポーツクラブにはそれだけではない「快適」があります。
「たのしさ」のあるスポーツクラブ
「愉しい」「楽しい」・・・どちらも「たのしい」と読みます。我々が考える違いは、他から提供されて「たのしい」とき「楽しい」、自ら努力したり達成感を味わったりした時を「愉しい」と考えています。このクラブにはどちらの「たのしさ」も存在します。
我々は「楽しさ」をご提供し、皆様には「愉しさ」を感じていただけるよう、努力していきます。